【ゴメクサス】中深海釣り―リールの選び方のポイントは?

【ゴメクサス】中深海釣り―リールの選び方のポイントは?

中深海釣りとは、水深にして150mから300mの深さに潜んでいる魚をターゲットとした釣りです。中深海釣りで使用するリールは、電動タイプのリールと手動タイプのリールの両方が使用されています。リール選びのポイントの一つであるギア比は巻き抵抗によって決めます。

中深海釣りとは?

中深海釣りとは、水深にして150mから300mの深さに潜んでいる魚をターゲットとした釣りです。

中深海を聞きなれない方からすると、未知の深海魚がイメージされますが、中深海には多くの人にとって馴染みのある、キンメ、アカムツ、オニカサゴ、ノドグロ、タラ、などの高級魚と呼ばれる魚が多数生息しています。

近年の中深海釣りは、中深海ジギングと呼ばれる200g~400gの非常に重たいメタルジグを使用した釣り方が一般的となっており、今までルアーフィッシングを行ったことの無い方からも人気が出てきている釣りとなっています。

リールの選び方のポイント?

中深海釣りで使用するリールは、電動タイプのリールと手動タイプのリールの両方が使用されています。

電動リールは巻き取りを非常に楽に行うことが出来るメリットがありますが、価格が高いデメリットがあり、手動タイプのリールは電動より手に入れ易い価格ですが、水深がある場所では巻取り回数が多いので、釣り人の疲労に繋がりやすい特徴を持っています。

使用するリールタイプとして、扱い易さと価格を考慮し、好みのモデルを選択することがおすすめです。

リール選びのポイントの一つであるギア比は巻き抵抗によって決めます。

中深海釣りは水深のあるエリアで使用するので、ハンドル一回転の巻き取り量が多いハイギアのモデルを使用することが王道となっていますが、ハイギアリールを使用すると、リールの巻き抵抗が重たくなってしまいますので、力が込めやすいハンドルが付けられているタイプを選択すると更に良いでしょう。

重量の重たいジグを使用するためリール自体にも大きな負荷が掛かるため、リールのギアに使用されている素材も真鍮素材等で強度が高められているモデルを使用するとロングスパンでリールを使用することが出来るようになります。

ギア比と併せて確認しておきたい糸巻量は、攻略する水深によって決められます。

中深海は150m~300mをターゲットとする釣りであるので、リールの糸巻量は400m以上のキャパシティーを持っているモデルがおすすめとなります。

更に深海の魚は引きが非常に多いので、7kg以上の強力なドラグ力を持っているリールを使用すると安心して魚との引き合いを楽しむことが出来るようになります。

中深海釣りに向けシングルハンドルのオススメ!

中深海釣りで使うジグは200g~400gを使用するので、リールはギアを含めてタフで高強度なモデルを選択する他、力強い巻き取りを行うことが出来るモデルがおすすめとなります。

パワフルな巻きを実現する方法の一つとして、リールのハンドルを取り変える方法があります。

 

一例としてゴメクサスから出されているゴメクサスシングルハンドルLC75-A38は、マシニング可能で製作された一体成型構造が取られており、各パーツのギャップが無くなっているので、高い感度と強度を実現することが出来るアイテムとなっています。

ハンドルの長さが68mmとなっており、38mmのノブが付けられているので、パワフルな巻きを行うことができ、ジギングに最適なハンドルとなっています。

ハンドル交換は誰でも簡単に行うことが出来るリールのカスタム方法となるので、手軽に現在使用しているリールを中深海の釣りに適したタイプにカスタマイズすることが可能となります。

ゴメクサス パワーハンドル

詳細を見る

コメントを書く

全てのコメントは、掲載前にモデレートされます

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。