【ゴメクサス】琵琶湖の釣り場情報と釣れる魚や釣り方をご紹介


Part 1.琵琶湖の概要

琵琶湖は日本最大の面積と貯水量を誇る淡水湖。60種類を超える固有種が生息し、ビワマスやホンモロコなどが有名です。魚にとって生息しやすい環境が整っており、魚種によっては大型の個体が多くみられます。

中でもブラックバスは世界記録が釣れるなど、琵琶湖は日本だけでなく世界中のアングラーから憧れられている湖です

ゴメクサス 琵琶湖

Part 2.琵琶湖で狙える主な魚

【ブラックバス】

琵琶湖を代表する外来種の淡水魚。駆除により年々数が減っていますが、60cmを超える個体も生息しており、ゲーム性の高さが魅力のフィッシュイーターです。

【ブルーギル】

ブラックバスと同様の外来種。好奇心が旺盛で、ルアーをはじめエサ釣りでも簡単に釣れるため、はじめての釣り体験におすすめです。

【ビワコオオナマズ】

琵琶湖の固有種で、生態系の頂点に君臨する国内最大級のナマズ。「アカメ」「イトウ」と並ぶ日本三大怪魚のうちの一つ。琵琶湖では1mを超す個体も存在します。

【ビワマス】

琵琶湖の固有種で、大きいもので60cmほどに成長する。北湖の深い水深を好み、トローリングで狙うことができます。その味は絶品で、機会があれば食してみたい魚の一つ。

【ハス】

コイ科に属する唯一のフィッシュイーター。別名「ケタバス」とも呼ばれる。遊泳力が高く、活発にベイトを追い回すのが特徴。ルアーで釣れることもあります。

【コアユ】

川に遡上せず琵琶湖に留まり、成長してもサイズが小さいのが特徴。丸ごと食べやすく、独特のほろ苦さと香りが魅力です。

【コイ】

琵琶湖は鯉釣りのポイントとしても有名で、中にはメートル超えの個体も生息しています。

日本で確認できるコイのほとんどが「外来コイ」ですが、琵琶湖には貴重な「在来コイ」の割合が多いとされています。

【フナ】

琵琶湖ではヘラブナ、ギンブナ、ニゴロブナ、ゲンゴロウブナなどのフナを狙うことができます。鮒ずしとして有名なニゴロブナは琵琶湖の固有種。

【ニゴイ】

最大60cmに達する、尖った口が特徴のコイ科の淡水魚。雑食性ではあるものの、フィッシュイーターの側面がありルアーで釣れることも多い魚です。


Part 3.琵琶湖釣りポイント紹介

◾南湖エリア

【におの浜】

ブラックバス釣りのポイントとして有名。有料駐車場からほど近くトイレも完備され、足場が良いので初心者の方におすすめです。

【大津プリンスホテル前】

こちらもブラックバス釣りのポイントとして有名。大型の実績が高く一年中楽しめます。周辺には有料駐車場やトイレも完備されおり、家族連れにもおすすめです。

【矢橋帰帆島周辺】

人工島の湖岸道路沿いのポイント。ブラックバスをはじめコイ釣りのポイントしても有名です。足場が高いので、ランディングネットがあると便利。

【赤野井ワンド】

南湖のシャローを代表するポイント。ハスやアシなどのストラクチャーが豊富で、春の実績が高く、バスやコイ、フナなどが狙えます。

【北山田周辺】

こちらも春に実績のあるポイント。北山田港や一文字のマンメイドが絡むシャローフラットです。湖岸緑地の駐車場にはトイレもあり、足場も良いので釣りがしやすいのも魅力。

◾湖西エリア

【真野川河口】

琵琶湖大橋の北側にある有名ポイント。南湖と北湖の境目のため、比較的魚影が濃く、サイズの良い個体が多いのが特徴です。

【和邇川河口】

おかっぱりから水深10mのディープが狙える好ポイント。バス釣りではウェーディングで立ち込んでのヘビキャロが人気です。

【北小松】

こちらもおかっぱりからディープが狙えるポイント。比良山地の山裾に位置し、湧き水が多いエリアです。水通しがよくクリアな水質が特徴。

【近江舞子】

湖西エリアの超メジャーなバス釣りポイント。比較的ブレイクも近く、おかっぱりでも一年を通して回遊性のビッグバスを狙えます。

【大溝港】

テトラや防波堤などのストラクチャーが絡む人気のおかっぱりポイント。水路でつながる乙女ヶ池は水温が安定しており、一年中釣りを楽しめます。

◾湖東エリア

【長浜港】

港内に無料駐車場とトイレがあり、初心者でも釣りがしやすいポイント。突堤や米川河口など変化が豊富で、ベイトフィッシュも多く一年中楽しめる人気エリアです。

【彦根ビューホテル裏】

500mにもおよぶテトラブロック帯を中心としたポイント。周辺はウィードが広がり、沖のディープからシャローを回遊するバスを狙う釣りがおすすめです。

【彦根港】

港内は越冬場所となるため、一年を通して小バスをストックしています。突堤に入って釣りができるため、沖のウィードや足元のテトラなど様々な釣りを楽しめるポイントです。

【長命寺】

湖東ロックエリアのスタートとなるエリア。南には河口、北はロックエリアとなっており、変化に富む地形から、ベイトフィッシュも多くビッグバスの実績も高いポイントです。

【水ヶ浜】

湖東ロックエリアの丁度中程に位置するポイント。比較的大きな岩が多く、沖まで岩やウィードがあり、回遊するビッグバスを狙うのにおすすめです。

◾湖北エリア

【姉川河口】

湖北東岸に位置する好ポイント。河口から水深10mのディープが狙え、テトラや取水塔などのストラクチャーが豊富なのも魅力です。

【月出ワンド】

奥琵琶湖に位置する小さなシャローワンド。ディープが隣接しており、春には大型のバスが上がってくるスポーニングエリアとして有名です。

【奥出湾】

周囲が山に囲まれており、風の影響を受けにくく湖流も少ないため、春のスポーニング期や荒れた日におすすめのエリア。周辺には駐車場があるのもうれしいポイントです。

【大浦】

大浦湾の奥に位置するシャローフラット。大浦川のサンドバーが形成されており、その沖のブレイクが狙い目。東側には石積み護岸が広がり、釣りがしやすいのも特徴です。

【海津大崎】

琵琶湖でも一二を争う急深のロックエリア。大きな岩が点在し、水深10mのディープを岸から狙えます。水質は超クリアですが、真冬でも特大サイズが期待できるポイントです。


Part 4.琵琶湖釣りの注意点

琵琶湖で釣りをする際に、特に気をつけたいのが車の駐車。迷惑駐車があとを絶たず、大きな問題となっています。近隣の住民とのトラブル多発のため、駐車禁止になってしまったエリアも数多く、釣りを気軽に楽しめる場所が年々少なくなっているのが現状です。

路上駐車はせず、必ず駐車場に停めるようにしましょう。また、ゴミは必ず持ち帰り、綺麗な釣り場を維持することも、末永く琵琶湖で釣りを楽しむには大切なマナーです。