【ゴメクサス】夏のバス釣りに適した服装装備をまとめ!

夏のバス釣りは、強い日差しとの戦いです。真夏の強い日差しを浴び続けると、熱中症や日焼けによる皮膚疾患のリスクが高まります。そこで大切なのはしっかりとした日焼け&暑さ対策をすること。夏のバス釣りを快適に楽しむには、まずは万全な日焼け&暑さ対策から!今回は夏のバス釣りに適した服装装備をご紹介します。

ゴメクサス

◾帽子

夏のバス釣りに欠かせないのが帽子。ツバがついているキャップタイプのものや、ヒサシが360度ついているハットタイプなどが一般的です。日焼け&暑さ対策は、いかに「肌を出さない」かがポイント。ツバが大きいほど、直射日光から肌を守ってくれます。

キャップタイプには後ろにカバーが付いているものもあり、首の日焼けが気になる方におすすめ。UVカットやメッシュ、防水、速乾など、さまざまな機能がついている帽子もあるので、その辺りも考慮してみるといいでしょう。

ゴメクサス キャップ

◾サングラス

夏のバス釣りは、太陽の直射日光と水面からの照り返しのダブルの日差しを受けることになるため、紫外線による目へのダメージは想像以上。ダメージが蓄積すると視力の低下や目の病気に発展することもあるため注意が必要です。

サングラスの中でも偏光グラスは水面のギラつきを抑えるだけでなく、紫外線からアングラーの目を守る役割も果たす重要なアイテム。帽子と併せて必ずかけるようにしましょう。紫外線カット率99%以上のものがおすすです。

ゴメクサス サングラス

◾アームカバー

長袖に抵抗がある方におすすめなのが、半袖でも着用できるアームカバーです。「肌を出さない」ことが、結果的に一番の対策になる夏のバス釣り。アームカバーは半袖のみに比べると、釣行中はもちろん、釣行後の疲れを大きく軽減してくれるアイテムです。

伸縮性に優れ、速乾や冷感素材で通気性の良い商品がたくさんあります。最近ではデザイン性の高いアームカバーが各メーカーから販売されており、ファッションの一部として愛用しているアングラーも増えています。ポイントは自分の合ったサイズを選ぶこと。大きすぎても小さすぎてもストレスになるので注意してください。

夏のバス釣りに適した服装装備を紹介しました。夏のバス釣りにとって日焼け&暑さ対策は必須。今回紹介したアイテムがあれば、熱中症のリスクを軽減し、快適にバス釣りを楽しめるようになります。また、他のアクティビティにも応用できるので揃えておくと便利です。日焼け&暑さ対策をしっかり行って、サマーフィッシングをエンジョイしましょう!