釣った魚の計測方法はどうすればいい?重さ?それとも長さ?

釣った魚の計測方法はどうすればいい?重さ?それとも長さ?

釣り人ならば一度は「この魚を計測しよう!」と思った経験があるはずです。でもそのときってどうやって計測しましたか?長さでしょうか?それとも重さでしょうか。ここでは釣った魚の計測方法についてチェックしてみたいと思います。



釣りにおける魚の計測方法は一般的には長さが主流!

釣りにおいて魚のサイズを計測するとき、一般的な方法は長さが主流となっています。しかし長さを計測するときにもいくつか種類が存在します。

まずは全長。

魚の口先(吻”ふん”と読みます)から尾びれの先までが全長です。多くの釣り人が魚を計測するときにメジャーなどを当てて全長で見ています。

続いて体長。

体長とは口先から尾びれを含まない長さを指します。具体的には尾びれと魚体の境目までを計測します。

最後に尾叉長(びさちょう)。

尾叉長は、魚の口先から尾びれの切れ込みが入っている部分までの長さです。尾びれを伸ばしても魚の長さには影響しない計測方法です。

魚の「長さ」と言えどもいろいろな計測方法があるのがわかります。

尺超え!泣き尺!?釣りでは「尺」の単位で魚の長さを測ることもある

ゴメクサス 魚  計測方法

鮎や渓流魚、メバル、ヘラブナなどでは魚のサイズを表現するときに「尺」というワードが出てきます。

尺は日本古来の単位で1尺が30.303cm。端数を切り捨てて大体30cmが「尺」と呼ばれるケースが多いです。

30cmを超えると尺超えや尺上(しゃっかみ)、ギリギリ30cmに届かない魚体は泣き尺。などと表現されます。

鮎やヤマメ、アマゴでは30cmを超える個体は大型として扱われ、釣り人なら誰もが夢見る魚です。またメバルでも30cmを超える個体は大型となりますが、最大40cmほどになるものもいるんだとか。

ゴメクサス 魚  計測方法

ヘラブナの場合は尺(30.303cm)を超える魚体は管理池でも珍しくありません。最大サイズは45cmクラスのヘラブナ。この超大型のヘラブナを尺半(しゃくはん)と呼びます。

長さの単位で尺が使われるのは、魚種によって大型にならないと30cmを超えないものが主なようです。たしかに幼魚の頃から30cmを超えるような魚は「尺超え」とは呼ばれませんよね。

魚の大きさは長さだけじゃない!?サイズを測るいろいろな表現方法

ゴメクサス 魚  計測方法

魚のサイズを測るのに長さだけではないんです。センチメートルや尺は表現方法は違えど結局は「長さ」を表す単位です。

長さで計測をしない代表的な魚と言えばタチウオでしょう。タチウオは指○本、と体高を指何本分と表現してサイズを計測しているんです。指5本を超えるサイズのタチウオは大型の個体となりその姿から「ドラゴン」とも呼ばれます。

タチウオの場合、尻尾が非常に長い上に、体の後方が食われている個体も少なくないため「前肛門長」という計測方法をされることも。

計測方法も長さだけではない場合もあるんです。

全長の正しい計測方法を確認しておこう

ゴメクサス 魚  計測方法

多くの魚は口先から尾びれの先までの「全長」で計測しますが、その計測方法は個人個人で少しずつ違いがあります。目いっぱい尾びれを伸ばす人、自然にメジャーの上において計測する人など、いろんな人がいますよね。

全長の正しい計測方法はメジャーに口先を当てて、尾びれを開いて計測するのが正しい全長の計測方法です。尾びれをすぼめてしまえば全長を伸ばせてしまうため、「尾びれを開く」という方法が正式です。

せっかく釣れたビッグフィッシュ。サイズ計測をするときは、正しい計測方法で記念に残しておきたいですね。

コメントを書く

全てのコメントは、掲載前にモデレートされます

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。