ルアーと釣り糸の結び方は?釣り人が覚えておくべきノット3種を紹介!

ルアーと釣り糸の結び方は?釣り人が覚えておくべきノット3種を紹介!

釣りをするときの必須スキルと言えば釣り糸の結び方です。釣り人なら覚えておくべきルアーと釣り糸の結び方を紹介します。



ルアーと釣り糸の結び方は?おすすめのノットは何?

ゴメクサス ルアー 結び方

釣り糸の結び方と言えば、針への結び方や糸と糸の結び方などいろいろありますが、ここではルアーやスナップ、ソリッドリングなどの金具と釣り糸を結ぶ方法を解説します。

ルアーフィッシングには絶対覚えておきたい釣り糸の結び方ですが、結び方はものすごくたくさんあって迷ってしまいますよね。その中でも簡単で覚えやすく、現場でサッと使える実用的な釣り糸の結び方としておすすめしたいのが

1.クリンチノット

2.ユニノット

3.完全結び(漁師結び)

の3種類です。


ルアーと釣り糸の結び方の手順を紹介

先ほど紹介した3つの結び方を手順ごとに紹介します。

1.クリンチノット

ゴメクサス ルアー 結び方

クリンチノットは慣れれば非常に簡単な結び方です。強度もそこそこなので現場でサッとルアーを結びたいときに便利。


1.ラインをアイに通す

2.メインラインを張って、端糸をメインラインに5~6回巻き付ける

3.アイのところにある穴に端糸を通す

4.端糸を通したときにできるループに端糸を戻す

5.ラインを整えながらメインラインと端糸を引っ張って締め込む

最後にラインを整えながら締め込むのがコツです。


2.ユニノット

ゴメクサス ルアー 結び方

釣り糸をルアーに結ぶときによくおすすめされるのがユニノットです。簡単でありながら強度もなかなかのもの。

1.アイにラインを通して、端糸をさらに折り返してループを作る

2.メインラインと折り返したラインをまとめてループ内で5~6回端糸を巻き付ける

3.端糸をループに通したら端糸を引っ張って締め込む

4.メインラインを引っ張りながら結び目をアイ側に送る


3.完全結び(漁師結び)

ゴメクサス ルアー 結び方

ユニノットの変形で漁師がよく使う結び方と言われる完全結び(漁師結び)。ユニノットがループの中に端糸を巻き付けるのに対し、完全結びは全体を巻き込んで巻き付けます。


1.アイにラインを通して、端糸をさらに折り返してループを作る

2.メインラインと折り返した3本のラインをまとめて、5~6回端糸を巻き付ける

3.端糸をループに通してメインラインを引っ張って締め込む

4.結び目を整えながら締め込んでいく

釣り糸を素早く結べるやり方の1つで、かつ強度も充分。スピーティに釣り糸を結べるため時合いを逃しません。


釣り糸の結び方を覚えてルアーフィッシングを始めよう

ゴメクサス ルアー 結び方

釣り糸の結び方は釣りの基礎中の基礎。ぜひ釣り糸の結び方を覚えてルアーフィッシングを楽しんでみてくださいね。

コメントを書く

全てのコメントは、掲載前にモデレートされます

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。