【ゴメクサス】イカメタルはどんな釣り?


Part 1.イカメタルはどんな釣り?

イカメタルとはスッテと呼ばれる疑似餌を用いて、船からイカを狙う釣りです。ライトタックルで気軽に始められ、ゲーム性も高いことが魅力となっています。仕掛けはいくつか存在しますが、最も主流なものは、鉛スッテをラインの先端に取り付け、1mほど間隔をあけ、浮きスッテを取り付ける仕掛けとなっております。通常のイカメタルゲームは夜釣りとなり、船の集魚灯でイカを誘い集めて釣る方法が一般的です。


Part 2.イカメタルで釣れるイカの種類と季節

イカメタルで釣れるイカを紹介します。

・スルメイカ

スルメイカは5月~10月まで狙うことが可能です。引きが強く釣りごたえがあります。初夏には「ムギイカ」と呼ばれるスルメイカの若い個体の群れで回遊してきます。群れに遭遇できれば数釣りも夢ではありません!

・ケンサキイカ

ケンサキイカは7~10月がシーズンとされています。胴長が40センチを超えるものも存在し、大型個体の引きは強烈なものです。ケンサキイカは甘みが強く上品な味わいが特徴で、煮付けや天ぷら、刺身まで様々な味わい方が楽しめます。

・ヤリイカ

ヤリイカは10月から4月までが時期とされており、冬が旬のイカとなります。10月頃には新子ヤリイカ、1月から3月頃には子持ちの親ヤリイカ、年二回楽しめるイカです


Part 3.イカメタル用のタックル

・ベイトタックル

イカメタル専用の竿+カウンター付きベイトリール

最初の一本はベイトタックルがオススメです。ベイトリールは巻き上げる力が強く、重いスッテを操作する場合や、深場や潮の流れの速い場所に適しています。小刻みなクラッチ操作でタナを丁寧に探れ、カウンター付きリールにすると、アタリのあったタナの把握が簡単になり、釣果アップが図りやすいです。

・スピニングタックル

イカメタル専用の竿+スピニングリール2500番 ハイギアがオススメ

スピニングタックルはキャストがしやすいため、仕掛けをキャストし孤を描くように真下まで寄せてくる広範囲を探るカーブフォールでの誘いが可能です。また仕掛けの沈下速度が速いことから軽いスッテを操作する場合や浅いポイントが適しています。

・ライン

ベイトタックル・スピニングタックルともにPEライン0.4号から0.6号を200m以上巻きましょう。

PEラインの先端にはフロロカーボン製のショックリーダーを結束しましょう。


Part 4.ゲーム性のあるイカメタルは、誰もがハマる

近年人気のイカメタル。シーズンの最盛期には手軽に、そして簡単に数釣りも可能な釣りです。スッテの選び方や誘いのアクション、的確なタナの把握、ゲーム性の高さ・奥深さもありながら、細いラインとライトタックルで初心者の方にもオススメの釣りです。

手軽で楽しく奥が深いイカメタルに挑戦し、美味しいイカを狙ってみてはいかがでしょうか。