タイラバには専用のゴメクサスダブルハンドルがオススメ!

タイラバには専用のゴメクサスダブルハンドルがオススメ!

ヘッドと呼ばれるオモリにフック、そしてラバー製の飾りを付けて、ボトムを取りつつ撒くだけ、というタイラバ。やることは単純ながらマダイへのアピール力は抜群で、マダイ以外にもさまざまな魚種が狙えると大人気なのがタイラバです。タイラバではリールのドラグ性能が大切で、リーリングの安定性も釣果につながるポイントです。そこでタイラバにはハンドルを純正ではなくゴメクサスのダブルハンドルへカスタムするのをおすすめしたいと思います。



タイラバの釣りでマダイを狙え!「魚の王様」マダイとは

ゴメクサス タイラバ ハンドル

マダイは古くから日本で親しまれており、万葉集にもその一文がみられます。それだけ日本人の生活に溶け込んでいるマダイ。現代でも「めでたい」とかけて縁起物とされて重宝されています。

釣りでも3段引きと呼ばれる豪快な強い引きと獰猛で強烈なアタリで釣り人を楽しませてくれています。

食べて良し、釣って良し。マダイが魚の王様と呼ばれる所以です。

タイラバで狙う!マダイのタックルや釣り方は?

ゴメクサス タイラバ ハンドル

マダイを狙う釣り方で注目を浴びているのがタイラバ。タイラバでマダイを狙う基本の釣り方を見てみましょう。

まずタイラバ仕掛けをボトムに落として、ゆっくりただ巻きでのリーリングが基本です。船長の指示ダナに合わせてタイラバを巻き上げたら、再度落として探りなおしていくのが釣り方の基本です。

アタリが出てもアワセを入れず、ロッドにしっかり食い込んでからロッドを曲げて浮かせるのがタイラバの釣り方。

タックルはマタイの強烈なアタリをいなしてくれる、柔軟でありながら強い引きにも耐えるバットパワーのあるロッドが特徴。ラインはPEの0.8号から1号が多く使われており、潮の状況や釣り場によって変わります。

リールは狙う水深の2倍の糸巻量を選ぶのが基本で、巻き取りパワーの強いベイトリールがよく選ばれています。サイズは150から200番程度を選ぶと良いでしょう。

タイラバにはゴメクサスのカスタムダブルハンドルBDHH-A27がオススメ

ゴメクサス タイラバ ハンドル

純正ハンドルでもタイラバはできますが、ハンドルカスタムによってさらに快適に釣りができます。ここではゴメクサスのBDHH-A27をオススメします。

まずTPE製のハンドルノブがついており、手なじみの良さ、滑りにくさ、握りやすさを実現しています。リーリングの快適さに直結する部分のためここは外せないポイント。

またハンドル長は110/120mmと純正よりも長い設定となっているため、巻き取りが軽くなります。マダイの強烈な引きにも慌てることなく一定のリーリングがしやすくなるでしょう。

剛性も高いためレッドモンスターと呼ばれる大物のマダイ相手でも、やりとりに集中できます。

タイラバにはゴメクサスのダブルハンドルでリールカスタム!

ゴメクサス タイラバ ハンドル

詳細を見る

タイラバは落として巻くだけの簡単な釣りですが、だからこそタックルバランスが最重要!かけたマダイを確実に仕留めるためにも、リールの性能が最大限に引き出せるダブルハンドルでカスタムをオススメします。

ゴメクサスのダブルハンドル「BDHH-A27」で、タイラバのマダイをゲットしちゃいましょう!

コメントを書く

全てのコメントは、掲載前にモデレートされます

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。