【エギング入門編】初心者必見!

その手軽さや敷居の低さ、イカ特有の引きの面白さから釣り初心者からベテランまで多くのアングラーを魅了しているエギング。これからエギングを始める方へ、エギングの基本をご紹介させていただきます

目次:

    1. エギングとは
    2. エギング用のタックル
    3. エギングのシーズン
    4. エギングのフィールド
    5. エギングのポイント
    6. まとめ

    Part 1. エギングとは

    エギングとは、「餌木(エギ)」と呼ばれるエビの形をしたルアーを用いて、主にアオリイカを狙う釣りです。数ある釣りの中でも比較的簡単な仕掛けで楽しむことができる一方で、季節や釣り場、時間帯によってアプローチの方法が変わり、非常に奥が深く、またエギングにかかせないのがエギの「しゃくり」。ロッドをしゃくり上げ、エギを跳ね上げさせ、イカに興味を持ってもらう大切な動作です。手軽ながらアクション性も有している釣りとなっています。

    エギング


    Part 2. エギング用のタックル

    エギングのタックルは、基本的にロッド・リール・ライン・エギの4つとなります。

    まずロッドについてですが、エギング専用のロッドをオススメします。オールマイティーの8.6ftで硬さMLがオススメです。理由としては、エギをしゃくりあげる動作が非常に重要となり、他の釣りのロッドを流用するとエギ本来のパフォーマンスを最大限引き出すことが難しくなります。エギングロッドは張りが強く、エビが水中で跳ねている様子を再現することができます。

    次にリールについてですが、2500~3000番台で特に重量とハンドルの持ちやすさを重視した方が良いと思います。長時間の釣行で何度もしゃくっていると手首が疲れ、せっかくのアタリも逃してしまうことがあります。

    エギング タックル

    ゴメクサスのカスタムパーツはリーズナブルで質の高い製品を揃えています。

    リールをカスタムし、釣行での快適性向上やイカの繊細なアタリを逃さないようにしましょう。

    豊富なハンドル長さや重量で選べるゴメクサス (Gomexus) ダブルハンドル92mmがオススメです!

    私は、シマノ社製16ストラディックCI4+にカスタムしています。理由は、しゃくったあとの巻き取りが楽になることと、ハンドルの重さも左右均等なので、回転が安定しやすく、しゃくるリズムを一定に維持しやすいからです。

    ゴメクサス ハンドル

    ラインについては、PEライン0.6号をオススメします。細いラインほど感度が高く、飛距離も稼げますし、エギングの天敵である風の影響を受けにくく、快適に釣りができます。

    最後にエギについてですが、豊富なバリエーションがありますが、基本的に3.0~3.5号のサイズをチョイスし、ピンク・オレンジ・ブルーなど様々なカラーを用意しておくと良いと思います。


    Part 3. エギングのシーズン

    アオリイカの寿命は約1年で、春に産卵し孵化、夏に成長し、秋から釣りのターゲットとして認識できるくらいに成長します。冬にさらに成長、また春に産卵という一年を送ります。メインシーズンは春と秋で、春は産卵する大型の個体、秋は生まれた小型の個体を数釣りできる傾向にあります。


    Part 4. エギングのフィールド

    フィールドとしては、手軽な漁港や上級者向けの磯があります。重点的に狙っていただきたいポイントは釣り場のカケアガリや根回り、藻場、反転流等がありベイトが溜まっていると予想される場所です。また潮通しが良い場所も回遊してくるアオリイカに当たる可能性が高く釣果を左右します。また水面下まで浮上している浮きイカやベイトの情報を視覚的に収集することも重要となってきます。


    Part 5. エギングのポイント

    エギングのポイントは、静と動のアクションを心掛けることです。

    まず動のアクションであるしゃくりについてですが、大まかに、エギを縦に動かすであるしゃくりと、横に動かすダートしゃくりの2種類が存在します。いかに良い釣り場でもイカにエギの存在を認識してもらえなければ釣ることは不可能です。

    縦のしゃくりはロッドを縦方向へ大きくしゃくり、エギを水中で跳ね上げさせ、再びボトム付近までフォールさせることが基本です。特に活性の高いシチュエーションで効果を発揮します。

    横に動かすダートしゃくりはエギをジャークさせるようなアクションをつけ、左右に大きく飛ばすしゃくりです。活性の低い場合に使用してみてはいかがでしょうか。

    次に最大のポイントである静のアクションであるフォールについてです。エギングでは、しゃくった後のフォールが最も重要となってきます。しゃくりはあくまでイカにアピールし興味を持ってもらう動作で、実際にイカがエギを抱く瞬間はフォール中がほとんどです。

    フォールも2種類あり、ラインを張らずにそのままフォールさせるフリーフォールと、ラインのテンションを張ったままフォールさせるテンションフォールがあります。フリーフォールは自然な形で沈下し、イカも抱きやすいが非常にアタリが判りにくい傾向にあります。テンションフォールはアタリが判りやすい反面、不自然なフォールになりやすく、イカに警戒心を与える傾向があります。

    様々なしゃくり方やフォールの方法がありますが、ご自身にあった釣り方を模索するのもエギングならではの楽しみ方です。繊細なアタリを逃さないためにも、ゴメクサスのダブルハンドルに付け替え、貴重な一杯を逃さないようにしましょう。


    Part 6. まとめ

    アオリイカはイカの王様と呼ばれ、イカの中で最も旨いとされています。様々なエギが存在し、季節や釣り場によってイカへのアプローチが変わる魅力ある釣りです。アングラーに対応すべくタックルの選択肢も豊富で、コストパフォーマンス・クオリティ最高のゴメクサスで自分専用のカスタマイズを施し、快適なエギングを満喫しましょう!