チニングのジグヘッドはどう選ぶ?その解答とおすすめ5選!

目次:

    1. ボトムチニングをご紹介
    2. ジグヘッドとは・選び方
    3. チニング用のジグヘッド5選
    4. まとめ

    Part 1. ボトムチニングをご紹介

    チニングとはルアーでクロダイやキビレを狙う釣りのことを言います。ワームでボトムを狙う釣り方をボトムチニングと呼び、底さえ感じ取れれば誰でも簡単に釣ることができる近年人気の釣り方です。ルアーで狙う方法としては主に2つあり、鉄板と呼ばれるルアーを高速で巻き釣る方法と、ワームでボトムをズル引き釣る方法があげられます。

    ボトムチニングでは砂地と牡蠣殻が混在するポイントを狙います。砂地を狙うとキビレが釣れることが多く、牡蠣殻を狙うとクロダイが釣れることが多いです。釣り方としてはリールをゆっくりと巻きボトムをズル引く方法と、ロッドを細かく動かしリフトアンドフォールさせる方法が有効です。牡蠣殻帯でズル引いたりリフトアンドフォールをすると根がかりを起こす可能性があります。そのため根がかりを起こしにくいチニング用のジグヘッドを使用することをおすすめします。


    Part 2. ジグヘッドとは・選び方

    ボトムチニングのジグヘッドの選び方としては根がかりにくいジグヘッドを選ぶことをおすすめします。ヘッドの形状でフックが上を向くようになっているものや、フックが可動するようになっていて浮力があるワームが水中で立ち、根がかりを起こしにくくなっているジグヘッドがおすすめです。またジグヘッドにラバーがついているラバージグのようなジグヘッドもチニングには有効です。次に様々なジグヘッドからおすすめのジグヘッドを紹介するのでご参考にしてください。


    Part 3. チニング用のジグヘッド5選

    ① ジャッカル ちびチヌヘッド

    ジャッカルのちびチヌヘッドはヘッドの形状が平たくなっていて、根がかりを起こしにくいジグヘッドです。ヘッドの重さが2g〜14gまであり、またカラーラインナップも豊富にあるため、状況に合わせた選択がしやすくなっています。またフックが可動する形状になっているため、ワームがナチュラルに動きクロダイにアピールできます。

     

    ジャッカル ちびチヌヘッド

    ② メジャークラフト ブラックポーギー ちぬキャンディ

    メジャークラフトのちぬキャンディは根がかり回避を重要視して作られたチニング用のジグヘッドです。針先を上向に保つため根がかりを回避でき、かつクロダイのフッキング率も高くおすすめします。またラバーが取り付けられているため、ヒラヒラと動きクロダイに効果的にアピールします。

     

    メジャークラフト ブラックポーギー ちぬキャンディ

    ③ シマノ ブレニアス ネガカリノタテ

    シマノのネガカリノタテは根がかりしやすいポイントで攻めきれない時に使用したいジグヘッドです。ヘッドの形状がフックをガードするようになっていて根がかりを起こしにくくなっています。またフォール姿勢が良く、スローにフォールするためリフトアンドフォールで使用すると効果的です。

     

    シマノ ブレニアス ネガカリノタテ

    ④ シマノ ブレニアス エムシーヘッド

    シマノのブレニアスエムシーヘッドはアイが二つあり、状況に応じてフックを付け替えて使用できるジグヘッドです。使い分けとしては、砂地では平たい面が前になるようにし、障害物が多いポイントでは尖った先端を前にして使用することをおすすめします。

     

    シマノ ブレニアス エムシーヘッド

    ⑤ デコイ デルタマジック SV-51

    デコイのデルタマジックはワインドに対応したジグヘッドです。ワインド用ワームをセットして使用しましょう。ボトムズル引きに反応しないハイプレッシャーなポイントや日中にチニングをする場合にワインドが有効になることがあります。ボトムズル引きで全く反応がなくてもワインドをするとあっさりと釣れることがあります。是非お試しください。

     

    デコイ デルタマジック SV-51

    Part 4. まとめ

    チニングはクロダイやキビレを身近なポイントで狙うことができる人気の釣り方です。50センチに近い大型の暗台がヒットすると鋭い引きをして釣り人を魅了します。根がかりが起こりやすい牡蠣殻帯では根がかりに注意してテンポ良く攻めることを意識しましょう。今回紹介したジグヘッドはどれもおすすめなのでぜひチェックしてください。