【ゴメクサス】夏の中深海ジギング


Part 1.犬吠・波崎沖の中深海

波崎・犬吠沖はアカムツのストック量が多く好漁場です。

犬吠沖は1月~6月まで解禁で、水深は150~300m以上と深く、時に黒潮が当たり少々難易度が高いです。

そして7月~9月中旬くらいまでは、鹿島灘沖の寒猫根と呼ばれる根周りがポイントとなります。

この時期はノッコミで、水深も100~150mと浅く比較的釣りやすいです。

浜値でキロ10,000円を超える超高級魚を今回もスロージギングで狙っていきます。

ゴメクサス エギング


Part 2.釣行記

今回は友人5人との釣行で、左舷一列で間隔をあけ釣り座を構えました。

筆者はミヨシに陣取ります。

出港から1時間ほどで寒猫根に到着。

水深は120m(浅!)ですが、様子見でオゴジグDC-1の250gをセットします。

アカムツは基本的に底から1m以内をネチナチと、魚の目の前にジグが長い時間滞在するよう攻めます。

この時も底から50㎝くらいでフォール中、どう猛なアタリですぐにアカムツと分かりました。

よく深いところでアタリなんか分かるの?と聞かれますが、けっこう明確に出ますよ。

もう一つのアカムツの特徴として、途中までは素直に上がってきますが、残り50mくらいになると急に叩きます。

この叩きが出ればアカムツ確定、最後まで気を抜かず巻き上げて無事ゲット!

ちなみにアカムツは非常にバラしやすい魚なので注意しましょう。

ゴメクサス エギング

※20㎝後半、ちょっと小ぶりなサイズ

次の流しで大ドモの友人がキロ近くありそうなアカムツをゲット。

ゴメクサス エギング

※40㎝はありそう。彼はこの後2匹追加し竿頭。

さらに胴の間のスロージギング初挑戦の友人もアカムツをゲット。

ゴメクサス エギング

※大したことは教えず、初挑戦見様見真似でお見事!

ミヨシ一段下の友人は…惜しくもユメカサゴ、残念

ゴメクサス エギング

ここで潮も動かなくなりモーニングサービスが終わってしまいました。

アカムツが釣れる気配がなく、かかるのは外道ばかり…

ですが、多彩なゲストも中深海スロージギングの楽しみです。

筆者はユメカサゴ、ドンコ、アジ、カナガシラ、ムシガレイ、アラ、同船者はメバル、メダイ、テヅルモヅルをなどを追加していました。

ゴメクサス エギング

※巨大なテヅルモヅル。ちょっとうらやましかった。

結局、アカムツが釣れたのは朝のみで、7人中3人、計5本となかなか厳しい超過となりました。


Part 3.ハンドルは絶対Tバーのロング!

筆者はハンドルをゴメクサス LM95-85に換装しています。

ロングハンドルは巻き上げも楽になりますし、Tバーノブは握りやすく力も入れやすいので、中深海スロージギングには欠かせないアイテムです。

ゴメクサス エギング


Part 4.釣行データ

船宿:仁徳丸

日時:2021/8/1(日) 4時出船、12時半納竿、13時半帰港

ポイント:寒猫根

天候:晴れ

水温と潮色:24.8℃、底荒れ気味?

潮周り:小潮(干潮4:20、満潮10:39)

タックル:

BlueBlue BLACKKNUCKLEVERGREEN PSLJ 603-2+シマノ オシアジガー1501HG

EVERGREEN PSLJ 603-3+シマノ オシアジガー1501HG

ハンドル:ゴメクサス LM95-85

ライン:PE1.2号+フロロ6号

ヒットルアー:

ザクトクラフト オゴジグDC Type-1 200g,225g,250g

ASS 87ジグ 250g

BOZLES 太閤 200g

釣果:

アカムツ

ユメカサゴ

ドンコ

アジ

カナガシラ

小アラ

イシガレイ



投稿者:德山 英秀(ゴメクサス テスター)



    

ゴメクサス (Gomexus)ベイトリール用 パワー シングルハンドル 100-110mm 110-120mm