【ゴメクサス】ギャラクシー(GALAXY)の使用実感をご報告

こんにちは。テスターをさせていただいてるマキです。


つい先日、台風やら前線停滞などなどで、なかなか釣りに行けない中、やっと行けそうな予報。

予報は小雨。。。天気図を見たら、これは昼前までなら行けるな、と。


相方を誘い、ポイントは三重県南部、紀東地磯。ターゲットはハタ類。

雨続きだったので安全のために完全に明るくなってから短時間勝負で行ってきました。


今回は38mmチタン製ノブ、GALAXYの実釣での使用感を体感したいので、愛機セルテートHD3500HにGALAXYを装着。

ゴメクサス GALAXY

磯でのGALAXY38mmノブ。

かっこいい。。。


このGALAXY 38mmノブ、特徴としてはとにかく軽い。

ゴメクサス ノーマル38mmハンドル(アルミ製)は26.6gなのですが、GALAXYは17g。

ゴメクサス GALAXY

約10g軽い。。。

ライトゲームなんかの繊細さを求める釣りにはこの10gは武器になりますよね。


さて、実釣を終えて一番の感想は、巻いている時の手へのフィット感が抜群に良いんです。

ゴメクサスのアルミ製ノブは金属的な質感で無機質感。あれはあれで好きなのですが、GALAXYは握った時に手に吸い付くと言うかなんと言うか。。。これは実際に釣り場で握ってリールを巻いてみないとわからない独特な『ぬめっ』とした感覚。

この質感による手に吸い付いている感覚のおかげか、チタン製からくる高感度によるものなのか、巻いている左手の感覚がワンランクアップしている感触がありました。

実際にこいつが釣れたとき

竿を持つ右手にだけでなく、小さいながらいつもよりはっきりとハンドルを握る左手に感触が伝わってきました。

ぜひ、GALAXY 38mmノブを手に入れて、この『ぬめっ』とした感触、感じてみてはいかがでしょうか!?

あの感覚、病みつきになります。

ちなみに、釣果の方は御想像にお任せします(泣)

ゴメクサス GALAXY



投稿者:野崎 真紀(ゴメクサス テスター)



    

チタンノブ シマノ(TypeA) ダイワ(TypeS) 38mm GALAXY-38