【ゴメクサス】チタンノブに交換してさらにドレスアップ


Part 1.交換するハンドルは

今回交換するハンドルはゴメクサスのバランサー付きハンドルSBM115-SのハンドルノブをチタンノブGALAXY-38に交換します。

なぜ換えるかと申しますと…メチャクチャカッコ良くなるからです!

ゴメクサス ギャラクシー


Part 2.交換方法

交換方法はゴメクサスブログ内のこちらの記事およびチタンノブGALAXY-38付属の説明書ををご覧ください。

SBM115-Sに取りけるにはシマノTypeAの取り付け手順でOKです。

ゴメクサス ギャラクシー比較

旧ノブとチタンノブを比べるとひと回りほど小さく、重さも10gほど軽いです。


Part 3.メチャクチャ映えるぞ!

やっぱりチタンはカッコイイです!

ゴメクサス ギャラクシー チタンノブ

他のお客さんからも、あの人メチャクチャカスタムしてる!カッコイイ!と言われました。

ゴメクサス ギャラクシー チタンノブ

ゴメクサス ギャラクシー チタンノブ

ゴメクサス ギャラクシー チタンノブ


Part 4.気になる使用感は?

ノブがひと回り小さくなりましたが、握り心地は変わらず。

軽くなったことでバランサーとのバランスはどうなの?と思いましたが、こちらも変わらず。

チタンなんて炎天下で熱くなって持てなくなるんじゃないの?と友人に言われましたが、まったく熱くならずです。

そして映えるだけじゃなく、感度が上がったような気がします。

交換直後の釣行ではメーターオーバー連発の竿頭、次の釣行では125㎝、121cmのダブルドラゴンを仕留めました。

ゴメクサス ギャラクシー チタンノブ


Part 5.まとめ

今回はバランサー付きハンドルを交換しましたが、カーボン製ハンドルも交換可能です。

コスパの良いゴメクサスですから、お手軽にドレスアップして個性を出してみてはいかがでしょう!



投稿者:德山 英秀(ゴメクサス テスター)



    

チタンノブ シマノ(TypeA) ダイワ(TypeS) 38mm GALAXY-38