20メタニウムにカスタムハンドルとスタードラグを装着してみた!

20メタニウムにカスタムハンドルとスタードラグを装着してみた!

昨今バス釣り界隈でかなり増えているパワー系ハンドルのカスタム。使い勝手だけでなく見た目も力強くカッコよくなるので、今回はメタルクランクパワーハンドルとスタードラグを20メタニウムに装着してみました。

20月下美人にリールスタンドとダブルハンドルをカスタム!2色のリールスタンドでさらに統一感が! 読む 20メタニウムにカスタムハンドルとスタードラグを装着してみた! 1 分

パーツ紹介

こちらがゴメクサスのコルクノブ付きハンドルセットスタードラグです。

ゴメクサス コルクノブ付きハンドル スタードラグ

ハンドル長は100mm、カラーは両方黒にしました。

他の色も「カスタムしてます!」感があり魅力的だったんですが、今回はリールに馴染みやすい黒で統一しました。

パッケージから出してみるとこんな感じです。

ゴメクサス コルクノブ付きハンドル スタードラグ

ワッシャーが入っていますが、これはドラグとハンドルが干渉する時に挟むものみたいで、問題なければ装着不要のものみたいです。

このままハンドルノブをコロコロさせてるだけでも気持ちいい回転です。


ハンドル&ドラグ装着方法

さて早速装着してみます。

まずは20メタニウムの純正ハンドルとスタードラグを外します。

プラスドライバーとレンチが必要です。(僕はレンチが見つからなかったのでペンチで代用しました)

装着は簡単で、ネジ穴の楕円の向きを合わせてスタードラグ→ハンドルの順番で装着して、ハンドルに同封されてる専用のネジで締めるだけです。

ネジに防水のゴムリングがついてるところもポイントが高いです。

ネジ締めが斜めにならないように気をつけてください。

ゴメクサスハンドル&ドラグ装着方法

付けてみた印象

装着が終わるとこうなります。

ゴメクサスハンドル&ドラグ付けてみた印象

装着前と比べると見た目のパワー感が全然違います。

ハンドルとドラグが黒なのでリールと一体感がありつつ、コルクノブが際立って色気すら感じます。

20メタニウムにゴメクサスのスタードラグの装着図

六角スターのドラグとクランクのハンドルは片手巻きしやすそうなのも非常にいいです。

20メタニウムXGの純正のハンドルは90mmですが、巻いてみても明確に長くなったと感じることもないので、違和感なく使えそうです。

(豆知識:ハンドルが長くなっても一回転の巻き取り長は変わらないらしいです。)


実釣での使用感

使用感を確かめたく、早速実釣に行ってきました。

20メタニウムにゴメクサスのハンドルとスタードラグの実釣図

Hアクションのロッドで、ラインは14lb.です。

まずは巻きモノでと思い、クランプシャッドファットでやってみました。巻いてる最中に回転ストロークの長さが変わったことによる違和感やノブのガリ感は全然なく、スムーズな巻き心地です。途中でポーズを入れてボトムで跳ねさせるアクションをした時スラックを取るのに片手巻きもやってみました。装着時のイメージ通りクランクハンドルなので指が届きやすいのと、六角スターのドラグもハンドル間のスペースをうまく埋めてくれて指が全体的に届きました。

20メタニウムにゴメクサスのハンドルとスタードラグの魚図

ざっくり計測ですが40〜41cmくらい、重さはおそらくキロジャストくらいのバスでしたが主導権を一切与えず寄せてこれました。ファイト中の巻き取りも勿論スムーズで、ハンドルノブが大きく掴みやすい形状なので巻き取りパワーを十分伝えられる感触でした。釣果はありませんでしたがこのあとタイニークラッシュで水中ドッグウォークもさせてみました。断続的な巻き取りもやりづらさはなく、早巻きでなければ重く感じるような抵抗感もそこまでなかったです。


まとめ

結論、パワー系の釣りにはうってつけのパーツだと感じました。

今回の実釣で使った大型のシャッドとかビッグベイトだけじゃなく、最近流行りの底物の釣りのように掛けてからウィードごと巻き上げる釣りにも向いていると思いました。

リールにハンドルを取り付ける時も難しいことはなく付けられるので、初めての方でも問題なく付けられると思います。

見た目の印象も強く、カスタムしてるという所有感も満たしてくれる上で性能もいいので、頼り甲斐のある武器になってくれること間違いなしです。